スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折り紙教室準備中1 Papiro Flexia Mintegia , Apirilaren 5 eta 6an



この所、毎週木曜日にはサクラ農園へ出かける前に、村役場のアマイアの所へ寄ります。大きな生き生きとした目をした若い娘さんです。“ながこ、何か日本の文化を子供達に伝える会を作ってくれないかしら”そう、それならバッチリ、折り紙でしょう。と、私に迷いはありません。

これは、子どもだけではなく、村のお年寄り達にもどうでしょう。というと、早速老人ホームへも話しかけてくれましたが、“とんでもない、そんな事の出来る人はいません”・・・・。と、と、とんでもない!!と言う雰囲気だったそうです。恐怖感が伴っていたとか。そう、それでは大人の人と言う事にしましょうか。若い人も、お年よりも一緒になって作ってみる。その方がいいわね。

子供達は、手裏剣とかえる、そしてそれらをしまう箱を作ります。
と、いいながら、家に帰ると私は手裏剣に挑戦。器用でない私にはこれもケッコウ難しい。6歳以上の子どもを対象にするのですが、そう簡単ではありません。最後に組み立てるのが中々・・・なのです。
昨日のメルカードにはヒマタイムに作ろうと、折り紙を持ってゆきました。折りしも昨日今日はカーニバルの祭りで子供達は学校がお休みで、変装してメルカードにやって来ました。チャンス、子供達にプレゼントしちゃおうと思って作るのですが焦っていると中々形に出来ません。一生懸命作るのですが,“もっとないの?”といわれて、“はい、終わりなり・・・・”でした。

子供達には“作ってそれから遊ぶ折り紙”がいいでしょうから、かえるも作ってみました。何とか作ってもぴょんぴょんと言うわけにはいきません。直ぐに“ヒックリカエル”になります。紙の大きさ厚さを考えなくてはなりません。バネが効くように。

子ども教室には、大人の手助けも必要ね。と言う事で、子ども教室の前日に大人教室を開く事になりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ondopasa

Author:ondopasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。