スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑ねこ タロ


タロのサクラ農園 ひとり暮らしも2ヶ月になります。朝私が農園に着くと、私のケイタイにつけた鈴の音を聞きつけて、農具小屋から温室に続く坂道を駆け下りて来ます。タロのオウチは、農具小屋の脇にあります。甘えん坊で、私の肩に駆け上がって、顔をすり寄せてきます。でも、大分たくましくなりました。バッタを食べてカルシュームにしているようです。動きもすばやく、しっかりとした体になってきています。広い畑を疾走する姿はナカナカのものです。カラスやねずみを寄せ付けなくなる日も、もうすぐ・・・・、かな?
スポンサーサイト

畑ねこ タロ


とっとことっとこ、駆け下りて来ます。

畑ねこ タロ


おはよう、タロ。朝日に向かって降りてくるので、ちょっとまぶしいねえ。

カラスよけ対策


網は、Iker が、漁村ベルメオの友達からもらってきてくれました。魚を採るための、物ですから扇型のようになっているので、そこから沢山の四角を取り出して行きます。草の上に大きな網を広げて裁断しました。平行四辺形の網の目を直線に切り取るのはかなり難しい作業でした。一人でやりましたよ。網を春場所は、3メートルx12メートル、高さ2メートルあります。

カラスよけ対策


これで完成です。中には200本のトウモロコシが植えられています。手前に咲いているのはマリゴールド。
これを植えると土の中の線虫退治に役立つとの事です。木が枯れてから土にすきこみます。

トウモロコシは8月26日初出荷でした。朝取りがよろしいと言うので、7時のバスで農園へ行き収穫し9時のバスでメルカードへ運びました。

畑ねこ タロ


私が、漁師さんの網から、四角く切り取っているとそばで網にじゃれていたタロがニッチもサッチも行かないlことになっていました。逃れようともがけばもがくほど、苦しくなります。

畑ねこ タロ


写真なんか撮っていないで、早く助けてよ!!  タロを転がしながら、巻きついた網を解くのはなかなか
大変でした。私がいなかったらどうなっていたかしら・・・、と思うと・・。

畑ねこ  タロ


ゆっくり おやすみ、タロ。 昼間は良く眠ります。特にペルゴラで私たちがランチを始めると、話し声を聞きながら、安心しきって気持ちよさそうに寝ています。

 Uda 2013 夏   ご無沙汰をしました


5月5日のIbarrangelu のフィエスタから、もう3ヶ月が過ぎようとしています。長い間ご無沙汰を致しました。EA村もサクラ農園も沢山の出来事がありました。

まず、農園の新メンバー子猫のタロをご紹介します。早々、その前に隣村に住むIker青年。イケル青年が今年からサクラ農園を手伝ってくれています。枝豆を直播するとねずみが食べてしまうし、トウモロコシはカラスにねらわれるの、と話すとそれなら猫を飼いなさいよと言って早速もらってきてくれました。あまり小さいのでしばらくは家にいたのですが、サクラ農園でねずみやカラスを追っ払ってもらうのですから、と、この日連れてきました。

慣らすのに10日間はバスで通いましたが、今はもう独りで農園で過ごしています。

Uda Ean EA村の夏    午前中には(1)  


朝9時半になると、子供達の声が聞こえて来ます。、ベランダから覗いてみると、今日は皆で輪になっています。
子供達の夏休みは6月21日のサンフアンの火祭りから始まりますから、約3ヶ月間遊びまくることになります。7月はキャンプ、サッカー、サーフィン などなど、指導員つきの行事があり、8月にになると一切の行事はオシマイになって、家族が一緒にバカンスを過ごす事になります。家の下の海岸では毎日子供達が集まってきてアルバイトのお兄さんお姉さんと一緒に走り回って午前中を過ごします。

Uda Ean    EA村の夏     午前中には(2)  


今日はお馬さん競争のようです。バスクの子供達はもう力があります。私が見ていると、片道で交代するのだろうな、と思うのですが、お馬さんはお馬さんのまま往復していました。

Uda, Ean   EA村の夏   午後には・・・・


午後になると、ご婦人達が三々五々やって来て、日陰を避けながら、日光浴。その位でいいんじゃないの?と思ってしまいますが・・・・。色が白いと、“どうしたの?体の調子でも悪かったの?”

Uda Nagako Lorategian 2013 サクラ農園の夏  アスパラガス


バスク地方は、5月に30年振りの、雨の多い、寒い日々がつづきました。野菜の苗を植えつける時でしたから、畑を持つ人たちは悲鳴を上げました。我がサクラ農園も同様でしたが、アスパラガスは雨の中どんどんと成長し続けました。写真の列は、来年3年目を向かえ、春3月から収穫をする物です。種を蒔いてから3年まって収穫なのです。

Uda Nagako Lorategian 2013 サクラ農園の夏 バスクトマト


メルカードの仲間からもらったトマトの種を蒔きました。脇芽をとってもとってもぐんぐんと伸びで来て、モンスターのように茂り、実も沢山つきました。ここまでは易しいのです。トマトはここからが勝負。あっという間に病気が広がったり、虫達に食い荒らされるのもこれからです。農薬は一切使いませんから、早期発見駆除あるのみです。後は、タフなボディーに育てるしかありません。

Uda Nagakor Lorategian 2013 桜農園の夏  オクラと茄子(1)


5月はひどいお天気で、“2013年にはバスクに夏はない・・・かも”という、予想さえありましたから、いつもは外の畑なのですが今年は温室内に植えました。外ではこんな木大きくなったことはありませんでしたが、彼らは熱さが好きなのでしょう。

Uda ,Nagako Lorategian 2013 サクラ農園の夏 オクラと茄子 (2)


ギャギャ!! オクラと茄子がこんなに大きくなりました。問題は実です。

Uda Nagako Lorategian 2013 サクラ農園の夏トウモロコシ2番手(1)


このトウモロコシの2番手は、温室内で育苗している間にヒョロヒョロになってしまいました。どうなる事やらとりあえず全部定植。枝豆とトウモロコシを隣り合わせるとお互いに良いということなので、今年はこの作戦を取りました。CD をぶら下げるとカラスが来ないというので、それも試しています。日に当たると虹色に輝いてカラスもびっくりするのでしょう。

Uda Nagako Lorategian 2013 サクラ農園の夏 トウモロコシ一番手 (1)


始めに定植したトウモロコシ。ここまで来たらもう、カラスに芽をつつかれません。ネットをはずしました。
でも、本格的なカラス対策はこれからです。収穫適期になると、からす一族全員でやってきて、あっと言う間にさらっていってしまいます。

Uda Nagako Lorategian 2013 サクラ農園の夏  トウモロコシ1番手


もう大丈夫。次はカラス対策です。

Uda Nagako Lorategian 2013 サクラ農園の夏 カボチャ


とても心配していたのがこの栗カボチャでした。沢山のフアンを持つ、サクラ農園のヒット商品ですから。定植直後から降り続いていた雨に打たれて、解けてしまうのでは、日照不足で実が着かないのでは・・・と。 心配をして、2番手も蒔く事にしました。けれどもしっかりと耐えて、7月に入ってからの日照で待っていたようにグングンと伸び始めました。


Uda Nagako Lorategian 2013 サクラ農園の夏 2番手カボチャ


6月に友人が日本から送ってくださったカボチャのタネを蒔きました。先日30本を定植。期待しています。

Uda Nagako Lorategian 2013 さくら農園の夏 ペルゴラ


この夏のヒット、ペルゴラの誕生。日本語だとテラスといえば良いのでしょうね。冬は温室の中の“コージーコーナー”で寛ぐのですが、夏はここです。周りの山々や、北のカンタブリア海を眺めながら、コーヒーやチャコリ(バスクの白ワイン)を楽しみましょう。

Uda Nagako Lorategian 2013 サクラ農園の夏 ペルゴラの下


3mx3m の、小さな物ですが、テーブルを2つ並べると10数人の人が一緒に食事をする事もできます。海からヒンヤリとした風が吹いてくるので、ここは、いつも涼しいのです。

Uda Nagako Lortategia 2013 サクラ農園の夏


タロも農園生活にすっかりなれて、ペルゴラの下においてあったリュックの中でリラックスして眠っています。

Uda Nagako Lorategian 2013 サクラ農園の夏


“家庭菜園モデル”を一寸アップ。

Uda Nagako Lorategian 2013 サクラ農園の夏


ペルゴラの脇に小さな“家庭菜園のモデル”を作りました。フェンスに沿ってミニトマト5本、茄子5本、キュウリも5本、ピーマン3本、紫蘇やバジルも。レモンと金柑の木が少し日陰を作ります。アガパンサス、柏葉紫陽花、紅葉、などの宿根するものの間に、千日紅やサルビアなども見えます。

その内に村の人たちやEA村を訪れてくれる人たちと一緒に、このミニ菜園直の日本野菜と、枝豆、トウモロコシ、カボチャも収穫して、バーべキュウーを楽しみましょう。

Uda、Nagako Lorategian 2013 サクラ農園の夏


2010年に植えた2本のブルーベリーに鈴なりに実がつきました。6月中頃から一月間楽しみました。畑作業の合間にも木から直で頬張り、気が付くともう残り少なくなっていたので急いでこの写真を撮りました。2本の木に続けてフェンス沿いに20本ぐらい植えようかな。冷凍にしてもいいんだし・・・。

Uda、Nagako Lorategian 2013 サクラ農園の夏 


美味しいブルーベリーをもっと沢山植えることにしました。7月は挿し木の適期、新しく伸びた元気な枝先を利用します。何年後に食べられるのかなあ。多分5年くらい?一寸遠い感じ。来春に少し大きな苗を買います。
プロフィール

ondopasa

Author:ondopasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。