スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IBARRANGELUko AZOKAK FERIA イバランゲルのお祭り


2年に一度、隣のイバランゲル村で5月第一日曜日に農業祭りがあります。一昨年2011年に初めてお声がかかりました。去年は教会前の通路にお花を並べましたが今年は赤い屋根の小さなオウチを提供してくれました。
祭りには、どの村も気合が入っていますから私も気合をいれました。この日にきれいに花が咲くように、どの花をキープしておこうか・・・、デモンストレーション用の花は・・・、花を売るのは私のところだけですから美しく飾りましょう。良い品を手ごろな値段で、と言うのが私のモットー。この日は母の日でもあるので、小さい子どもが“何か1ユーロで買えるものがある?”などとやってきます。一寸おまけもします。
もう、かなりの人たちがサクラ農園を知っていますから、育て方相談などもしながら・・・。
スポンサーサイト

Ibarrangelu ko Feria  私の出店


これが私の出店です。右となりは手染めのTシャツ、左となりには野菜が沢山並びました。スターチスは、人束2ユーロの花束になっています。完売でまだ欲しい人たちが沢山いました。ロべリア、ベゴニアランディー、木立ベゴニア、フクシャ、アイビーゼラニュームなどなど・・・。この商売初めて以来の売り上げでした。祭りでは皆気持ちがおおらかになっていますから、気持ちよく買い気持ちよく売る事ができます。

イバランゲル村の祭り  クリスティーナ


クリスティーナは、週一回サクラ農園で一緒に働きます。アルゼンチン人。ゲルニカに住んでいて、3人の娘さん3人のお孫さんたちも近くに暮らしています。アルゼンチンの人たちは20歳でお母さんになるのが普通だそうですから、40歳少しでもうおばあさんになっていました。優しくて、しっかり者。いろいろ苦労もして来ています。

イバランゲル村の祭り


美しい声で歌うセニョーラたち。でも、後ろの方にセニョールたちもいるのです。
祭りとは限らず、いつもいつもバスクの歌を歌っているので、練習無しで即本番。

イバランゲル村の祭り


暖かな日差しの中で和やかにレース編み。その向こうでは合唱団が歌っています。

ご苦労様


祭りの広場に朝一番に来てずっときれいなレース編みをし続けていたセニョーラたち。祭りが終って近くのバールで打ち上げ。でもバールの中で次の祭りの為にダンスの練習を始めていました。

IBARRANGELUko FERIA


今年は白も沢山咲かせました。あまり沢山入れると寂しくなるので控えめに入れて花束を明るくします。

IBARRANGELUko FERIA


手前の花が一番人気。 アメリカンビューティーという色で、写真よりも鮮やかです。この花が加わると花束がぱっと明るくなります。
プロフィール

ondopasa

Author:ondopasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。